トップページ > 数の子の美味しい食べ方

数の子・ニシンの美味しい食べ方

数の子の「塩抜き」と基本的な味付け

  • 【1】水1000ccに対して小さじ1杯(約5g)の食塩を入れて薄い食塩水をつくります。
  • 【2】数の子300gを3~4時間浸します。
  • 【3】同じ要領で【1】の食塩水をつくり、もう一度3~4時間浸します。
  • 【4】更にもう一度同じ要領で【1】の食塩水をつくり、6~8時間浸します。数の子の大きさ等で塩分の抜け具合が異なりますので塩加減をこまめにご確認ください。
  • ●数の子のうす皮はお好みに応じて剥いて下さい。塩抜きする前にうす皮を剥くと塩分が抜けやすくなります。
  • ●数の子は塩分を抜き過ぎますと苦みが生じます。
  •  その場合には【1】より濃い目の食塩水に1~2時間浸すと苦みが無くなります。
  • ●塩抜き後の数の子はお早めにお召し上がりください。

【味付け方法例】

タレは、数の子300gに対して、薄口醤油・大さじ5、だし汁・3カップ、酒・大さじ1/2で一度煮立てたものを冷まし、一晩密閉容器に入れて冷蔵庫に保管して下さい。

数の子メニュー アラカルト

数の子べっ甲漬

酒の肴や温かい御飯にぴったりのおいしさ

数の子をガーゼで包み、酒・みりんでのばした西京味噌に2〜3日漬け込みます。数の子がべっ甲色になったら、食べやすい大きさに切って盛りつけます。酒の肴や温かい御飯にぴったりのおいしさです。

数の子変わりサンド

オードブル風に盛りつけて、おやつやビールのおつまみに

薄く切った食パンに辛子バターを塗り、レタス・スモークサーモン・数の子をサンドします。小さく切ってオードブル風にして、ビールのおつまみなどにしても喜ばれるでしょう。

数の子ヘルシーサラダ

充分に冷やし、お好みのドレッシングで

霜降りにした北寄貝・帆立貝とアスパラ・人参を好みの大きさに切り、海老・数の子と一緒に盛りつけます。器と材料は充分に冷やしておき、好みのドレッシングをかけてお召し上がり下さい。

数の子の菜の花和え

菜の花・北寄貝の下味は控えめにするのがポイント

鰹のだし汁、薄口しょうゆで下味をつけた菜の花・北寄貝を、数の子・長芋・大根と一緒に器に盛り切り胡麻をかけます。下味は控え目に。薄口しょうゆの代わりに塩を使うと色がきれいです。

数の子トマトカップ

薄焼き卵の上に置き、ドレッシングをかけて

トマトは丸ごと熱湯の中に入れて皮をむき、スプーンでくりぬいてカップにします。数の子・茹でたアスパラを詰め、大葉を添えます。薄焼き卵の上に置きドレッシングをかけてお召し上がり下さい。

数の子砧巻き

このひと手間が数の子のおいしさを引き出します

かつらむきにした大根と人参を塩水に漬け、しんなりしたら甘酢に漬けて数の子を巻き三つ葉で結びます。たけのこ・おくら・茹でた海老などで彩りに変化をつけて盛りつけます。


  • かずのこ製品 - やまか加藤水産製品紹介
  • にしん・たらこ - やまか加藤水産製品紹介

▲ページトップへ